バンガロールで働く会社員のブログ

キラキラ☆とは無縁ですが地味に役立つ情報を伝えたい!

【インド生活】インドでペディキュアしてみた

バンガロールで初めてネイルサロンに行ってみました。

と言っても、私は手の爪は伸びたら直ぐ切る派なので、ペディキュアを施術してもらいました。

行ったのはVR Bengaluru地下1階にある『The Nail Couture』

多分まだオープンして半年くらいの新しいお店です。

ペディキュアメニューの中から、Classic Pedicureをお願いしました。

f:id:chaco_san:20190801024442j:plain

Rs.1,600+taxなので日本円で2,700円くらいです。

まず、お店が新しいこともあって清潔感がありました。

器具も、消毒的なことはきちんとしているようで、滅菌器らしきものからの終了を知らせる「チン!」という音がバックオフィスから聞こえてきたあと、スタッフが金属製の器具を持って表に出てきて、保管場所に収納していました。

こちらのお店、男性のネイリストが主流のインドでは珍しく?ネイリストが女性なので、男性のネイリストに抵抗がある人にオススメです。(少なくとも、私が行った日は女性しかいませんでした)

実は、日本でネイルサロンにいったことがないので、日本のスタンダードが分からないのですが、バンコクのローカルサロンよりは清潔な感じで、ネイリストの手際の良さはバンコクの方が上と感じました。

あと、担当の方のやり方なのかもしれませんが、ひざの上に乗っけてするタイプだったので少し疲れました。枕みたいな台に乗せたい。。。

それから、施術していない方の足をベーシンのへりに乗っけといてというタイミングがあって、それも滑りそうでヒヤヒヤしました。

まあでも、角質取りとか甘皮処理とかは特に問題無かったですし、肝心のエナメルも10日以上経っても剥がれたりはしていません。

そういえば、施術中はお茶も出てきました。

形の悪い足で申し訳ないのですが、一応施術後の写真です。

f:id:chaco_san:20190801031624j:plain

横から見たチェアはこんな感じ。

f:id:chaco_san:20190801024618j:plain

エナメルはO·P·I

f:id:chaco_san:20190801024735j:plain

店内の様子

f:id:chaco_san:20190801025229j:plain

私自身が、単色でビビットな色のペディキュアを好むので、デザインブックがあるかとか全然リサーチしなかったんですけど、一応、インスタを見るとデザインもありますね。ちょっと、うーんっていうクオリティのもありますけど…

なので、見本になる写真を持っていけば、そこそこには出来るんじゃないかなと思います。

9月以降の祝祭シーズンは、ちょっと華やかなクルタとか来て出勤する日とかもあるので、そんな時に、インドっぽい柄で手足を華やかに飾って見たくなりました。

ネイルサロン探しは続く…

www.instagram.com